象徴派の周囲

象徴派に関する雑記、メモ、翻訳、引用など

『上田敏全訳詩集』

この本は、『海潮音』と『牧羊神』、および雑誌に出ただけで単行本には収録されなかった拾遺篇からなる。本書を通読して思ったのは、やはり訳詩集としては『海潮音』のほうが『牧羊神』よりもすぐれていることと、拾遺篇にもすぐれたものが少なくないということ。結局のところ、どれをとってもすばらしい出来栄えを示しているのが彼の訳詩だ。


上田敏全訳詩集 (岩波文庫 緑 34-1)

上田敏全訳詩集 (岩波文庫 緑 34-1)

  • 作者:上田 敏
  • 発売日: 1962/12/16
  • メディア: 文庫


そのいっぽうで、ことに『海潮音』に収められた諸篇についてよくいわれるのは、原詩だとすんなり分るのに、訳詩のほうは広辞苑でも引かないととても読めない、という非難(?)である。まあ、見慣れない漢字や用語が出てくるのは確かだが、しかし彼の訳詩は広辞苑を引いたくらいではなかなか太刀打ちできないものも少なくない。私はそのことをアンリ・ド・レニエの諸篇においてもっとも痛切に感じた。

レニエの詩はこの前とりあげた荷風の『珊瑚集』にも何篇か訳されていて、それらはとくに読解において困難を感じなかった。しかし、敏のものはかなり様子が違う。このわかりにくさは、われわれが日本の古典、たとえば源氏物語などを読むときに感じるわかりにくさと同質なのである。

敏によるレニエの詩、「銘文(しるしぶみ)」を見てみよう。


「銘文(しるしぶみ)」


私はこれを何べん読んでも、いったい何がどうなっているのか、はっきりとはわからなかった。原文を見れば、なるほどそういうことかと腑に落ちるが、原文を見ずに、訳詩だけでポエジーを感じるのでなければ、『海潮音』が明治の詩壇にどのような影響を及ぼしたのか、正確なところはわからないのだ。

薄田泣菫などは、敏のこれらの訳詩から、その神髄を読み取って、自分の詩作に生かしている。それは私には驚くべきことに思われる。それはたとえてみれば、われわれにはピント外れに見える写真が、明治の人々にははっきり焦点の合ったものに見えた、ということなのだから。

このあたりの秘密は、どうも私には一生かけても理解できそうにない。もう諦めるしかなさそうだ。

参考までに、レニエのくだんの詩を、ざっと訳してみよう。


     * * *


森の小径の十字路へ、ある夕べ、
風に吹かれ、わが影を伴い、ある夕べ、
暖炉の灰にも歳月にも倦み疲れ、
宿業の禍福も定かならぬまま、
私は腰をおろしにやってきた。

小径はみな日々へと続いていた
私はなおも小径をたどることもできただろう、
どこまでも、
国々を、水路を、夢を追って、どこまでも
「死」がその忍耐強い魔法の手で
私の目を閉じて平安と黄金の花で封をしてくれる
その日まで。

高い楢の樹のしげる、孤独の小径よ、
おまえのごつごつした岩は疲れた身には厳しい、
おまえの硬い小石は草臥れた足にはつらい、
それにそこには私の過去の血が流れているのがみえる、
一足歩むごとに、
楢は居丈高に吹きすさぶ風に吼える、
私は気が滅入ってくる。

鮮やかな樺の樹が葉を落としてふるえている小径よ
そこを通る蒼ざめた通行人たちの恥辱のように蒼ざめた小径よ
通行人たちはおまえのねばつく泥濘に踏み込み、
ともに歩みながら
互いに顔をそむけあっている、
泥と、泌み出す水の小径よ、
風はおまえの木の葉に嘆きをささやく、
白銀の、月明りの、霧氷の大沼が
今宵、おまえの行く手に澱んでいる
そしてその道をたどるものの手を
「倦怠」がとらえる。

やさしい梣(トネリコ)の樹と軽い砂の小径よ
そこでは風が足跡を消し、また風が樹々の間を通り抜けるように
人々もそこを通りながら浮世を忘れ去るような道だ、
おまえの蜜の花々は砂の金の色をもち、
その道の曲折はそこに迷い込む人々の目をくらます。
小径の先には市街があり、そこは異邦人にはよいところだ、
歩いていってその市門をくぐるのは快いことだろう、
己の「希望」が泣きながら、死んだ「亡霊たち」の通夜をしているような、
そんなもうひとつの人生に私の歩みが滞っていなければの話だが。

私は楢の樹の小径は行くまい
樺の樹の小径も、梣の樹の小径もだ、
太陽の小径、市街の小径、水路の小径、
道という道はすべてだ。
血を滴らせた私の過去の足音がきこえる、
すでに死んだと思っていた足音が、どっこい生きて戻ってくる、
そして小径の谺のうちに私よりも先に進んでゆく、
ああ小径よ、
安易な道、恥辱の道、高慢の道よ、
私は聞く、
わが無益な人生の伴侶たる風が、
楢の樹の下を泣きながら吹きめぐるその音を。

ああ、わが魂よ、夕暮れは昨日の上に悲しい、
ああ、わが魂よ、夕暮れは明日の上に悲しい、
ああ、わが魂よ、夕暮れはおまえの上に重々しい。