象徴派の周囲

象徴派に関する雑記、メモ、翻訳、引用など

モーリス・セーヴと象徴主義


辰野隆の『信天翁の眼玉』の最後の方に次のような記述がある。

「凡そ文学に於て自覚的に、徹底的に象徴に拠ったのは、恐らくダンテであるだろう。而して仏蘭西に於ては先ず、十六世紀に於けるリヨン派の詩人モオリス・セエヴをその鼻祖とする。彼の詩集『デリイ』は全篇悉く象徴である。其以後仏蘭西文学に於ては、主義として象徴に立脚する事は長く跡を絶ったが、千八百八十年代に至って再び象徴詩が勢を得るに至った」

これを読んでセーヴに興味をもったものの、最近に至るまですっかり忘れていた。先日ちょっとしたきっかけでマリオ・プラーツの「十七世紀のイメジャリー研究」という本を手に入れて、索引をたよりにぼつぼつ読み進めているうちに、寓意画本(エンブレム・ブック)の分野においても、セーヴがけっこう重要な位置を占めていることを知った。象徴と寓意。この一見仲のよさそうな、しかし厳密には敵対者であるふたつの属性をそなえているらしいモーリス・セーヴという詩人が、にわかに私の関心をそそるようになったのである。



手っ取り早いところで、河出書房から出た世界詩人全集のなかのセーヴの詩を見てみよう。『デリー』から三篇とられている。


第17番

我が心 君より離かる時来たる前に 分たれなむ、ローヌの流、ソーヌの流は、いさかひの われらとともに あるに先立ち、合はされなむ、これなる山と、かしこの山は。

君と我れ、睦みてあれば、眺め渡さむ ゆるやかに、上流(かみ)てをさして進むローヌを、勢も、いとど激しく、逆(さか)のぼるソーヌを。

わが炎いささかなりと衰ふるよりは、わが誠、僅かなりとも薄るるよりは。

固き愛も、雲よりはかなし、この心の欠けたれば。


第396番

夕されば、耕作(つちかふ)人は、汗にまみれつ、憩ひをば求めて今は、帰りゆくなり。

巡礼も、その長旅を果たし終れば、安らかに還り来りて家路を辿る。

おおローヌ、怒り狂ひて、アルプスの嶺ゆ、激しくも、流れ下りて、やさしくなれを その胸に迎へ入れんと、心静かに なれを待つソーヌの河に進み寄るなり。

されど我は、汗にまみれて、願ひを追へど、安らぎも、憩ひも得られず、思ふ人よりは。


第221番

春至り、鱒遡(のぼ)りくる時ともなれば、思ふ人と、河船のうちに、我は上りぬ、傍に、漁(すなど)る人々、獲物を数へぬ。

我が君の、そを一つ手に取り給ひしに、新しき大気を吸ひて、撥ね返りつつ、そのはてに、水へ逃れ入り、君涙しなげかふ。

我は言ふ、「慨きを止めてよ、捕え得ざりし いろくずの幸思ひつつ、我ぞ歎かむ。いろくずは、きびしき獄舎(ひとや)を出で去りし故、されど我、君が御手より逃れ得ざれば」と。


     * * *


これらの詩篇の訳者は渡辺一夫と福井芳男だが、その渡辺一夫にセーヴ関連の論稿が少なくとも三つある。「『BLASONS集』覚書」、「モリス・セーヴの影法師」「ヴァレリ・ラルボーの『モリス・セーヴ論』」。

そのなかで、彼もまた師と同じく「モリス・セーヴは、フランス最初の『象徴詩人』と言われている」と書いているけれども、同時にそこに多くの留保をつけている。つまるところ、彼はセーヴを近代的意味における象徴詩人とは見なしていないのだ。そしてそのことは、上にあげた三つの訳詩からも察せられるだろう。

そのうえで、『デリー』の第122番について、「主観と客観との交錯合体、新しい詩的次元の発見に感ぜられるような近代象徴主義への傾向」を認めることができる、と書いている。その122番とはこんな詩だ。


De ces haultz Montz jettant sur toy ma veue,
Je voy les Cieulx avec moy larmoier:
Des Bois umbreux je sens a l'impourveue,
Comme des Bledz, ma pensée undoier.

En tel espoir me fait ores ploier,
Duquel bien tost elle seule me prive.
Car a tout bruyt croyant que l’on arrive,
J'apperçoy cler, que promesses me fuyent.

O fol desir, qui veult par raison vive,
Que foy habite, ou les Ventz legers bruyent.


十六世紀のフランス語はひどく読みにくいが、幸い英訳をネットで見つけたのであげておく。


Casting my gaze abroad from these high hills,
I see the heavens moistened with my tears:
From shady woods, unforeseen, thought spills
And gently ripples, with the wheat's ripe ears.

Such is the hope with which she re-appears,
Before she swiftly snatches all away;
At every sound convinced she makes her way
To me, still I see all promise of her fleeing.

O mad desire, which would have reason say
Constancy lives where light winds have being.


さて、こうして『デリー』449篇のうちの4篇を見たわけだが、そこには私の考えるような象徴主義はきわめて稀薄だといわざるをえない。いずれ全貌を見てからでないと確かなことはいえないが、少なくとも辰野博士の「彼の詩集『デリイ』は全篇悉く象徴である」という一文が、根も葉もない虚言であることだけは知れた。おそらく博士はセーヴの詩を一行も読まず、たんに「フランス最初の象徴詩人」という俗称(?)だけをとりあげて、架空の『デリー』を頭のなかに作り上げてしまったらしい。

とはいうものの、博士の一文がなかったら、私がセーヴの存在を知ることもなく、こんにち『デリー』を顧みることもなかったわけで、やはり恩恵を被っていることには違いないのだ。

矢野目源一と象徴主義


この一風変った文筆家は若年の私をひどく悩ました。なにしろその全貌がわからない。こちらから見えるのはその指先や爪先だけなのだ。どこか全集を出してくれる本屋はないものか、とひそかに思っていた。

ところが、吉行淳之介の「七変化の奇人」を読み、太宰治の「ヴィヨンの妻」を読むに及んで、憑き物が落ちるように、いっぺんに熱がさめてしまったのである。全集を夢想した私が愚かだった。そんなものは金輪際出っこないのだ。

そんな彼にも、若いころに出したまともな詩集が二冊ある。私はそれらをテクストファイルにして、ブログの形でネットに流したことがある。


一冊目の『光の処女』は大正9年1920年に出た。本書においては、個々の創作詩よりも、巻末に収められたマラルメの「牧神の午後」の翻訳が圧巻だ。これはのちに鈴木信太郎が改訳して、さらなる高みへ持ち上げたが、根本的なところはすでに矢野目の訳によって決定されている。これについては、このブログの最初のほうで取り上げたことがあるから、ここには書かない。

二冊目の『聖瑪利亜の騎士』は大正14年、1925年に出た。ここに収められた詩は、前の詩集のと比べると、なんとなく詩として風格が上ったようにみえるが、それはたぶん句読点を省いているからだろう。とはいうものの、詩の完成度という点でもやはり多少の進歩は見られるような気がする。

この二冊の詩集から、いちばん象徴詩風の特色が窺えると私が思うものを、それぞれ一篇づつあげておこう。どっちも秋を歌ったものになってしまったが、特に他意はない。


「秋の喪」

明るき朝のめざめに
鳥はさゞめく、
小さき歌のよろこびは
梢を揺る。

眼に見えぬ鐘の音(ネ)の空に滅びて、
落葉のみ森の小径に
寂しき磬をたたけど、
カンパニア、アッピウスの路のほとり、
若きユリアが眠れる姿に
凉しき秋の微笑(ホホエミ)は玻璃の柩に横はる。

日は瑪瑙、
うららかに空に燃え、
静かなる秋の葬は、
幻(カゲ)の憂愁(ウレヒ)に歩み入る。


「秋」

わがこゝろ つねに
彼方なる梢に住まひ
歳月(トキ)の流るゝを瞻(ミ)る

鴿のむれ ひるがへり ひるがへり
照日(テルヒ)のまへに身を鏤め
中空(ソラ)は 一抹(ヒトイロ)に
鏡に湛えたる風景の
寂しき光を
野にみなぎらす

あゝ 憶ふひとは遠く
涯(カギリ)なき秋に浴(ミヅアミ)して
不浄身 地に擲たば
銀(シロガネ)の煙とならむ

映画における象徴主義

二十世紀中葉における象徴主義のスポークスマンであるホーフシュテッターは、「サンボリスムは現代のまっただなかに屹立している」と高らかに宣言している。そしてサンボリスム精神の現代における正統的な継承者として映画をあげている。これは私としても同感で、象徴主義が生き延びるとすれば、映画のなか以外にはないな、とつねづね考えているのだ。

それはそれとして、山口昌男の『スクリーンの中の文化英雄たち』と、種村季弘の『夢の覗き箱』という二冊の魅力的な映画本に触発されるかたちで、このところ自分でも驚くほど映画づいている。この半月ほどのあいだにかなりの数の映画を見た。といっても古い映画ばかりだが、そういったもの(ことにサイレント映画)に対しては、ユーチューブが非常に有効だ。こんなものがと驚くようなのがいくつもアップされている。山口、種村の映画本で興味をもったものが、すぐさま只で見られるのだ。こんなにありがたい時代はかつてなかった。

まあ、あまりにもただちに欲望が叶えられてしまうのは、よくない面もあるのだが、私のようにあと何年生きるかわからないものにとって、時間ほど大切なものはない。かつてのように、のんびりと構えているわけにはいかないのだ。

というわけで、最近見た映画について、象徴派の観点から、少し感想を書こうと思う。あくまでも、周回遅れ*1の象徴派である私の個人的な見解だが。


     * * *


ルイス・ブニュエルの『アンダルシアの犬』と『黄金時代』。これはどちらもシュルレアリスム映画に分類されていて、そういったものとして古典的な扱いを受けている。私もそれに異存はないが、もしこれらにダリの手が入ってなくて、ブニュエルが単独で作っていたなら、つまらないシュルレアリスム的要素が稀薄になって、よりいっそう象徴主義の圏域に近づいていただろう。ただ、作中における暴力的表現だけは如何ともしがたいが。



マイケル・クライトンの『ウェストワールド』。種村本に出ていたので、懐かしさもあってアマゾンにて鑑賞。おもしろい映画だったが、サンボリスムとはまるきり無縁だ。

ロバート・アルドリッチの『何がジェーンに起ったか』と『ふるえて眠れ』。かつて買ったDVDを再鑑賞。怪奇ムードただよう展開には思わず引き込まれるが、ここでもまたサンボリスム微塵も感じられない。

羽仁進の『彼女と彼』。前にユーチューブで見たのをDVDで再鑑賞してみたが、何度見てもすばらしい映画、大好きな映画だ。ここにはあからさまにではないが、象徴主義のあれやこれやが影を落している。しかしそれを分析して取り出すのはやっかいだし、労多くして報われるところは少ないだろう。この映画、うわべは社会派だが、内実はじつに象徴主義的なのである。

フォン・スタンバーグの『嘆きの天使』。パプストの『ルル』につづく、妖婦ものということで見てみた。この映画で一躍有名になったマレーネ・ディートリッヒだが、私にはピンとこなかった。そもそも当時の映画における妖婦、つまりヴァンプとか呼ばれている女たちは、じっさいのところそれほど「宿命的」なわけではなく、クララ・ボウやテダ・バラとかを見ても、あまり邪悪という感じはしない。そして妖婦ものをいくら漁っても象徴主義的なものが出てくるわけではない。

フェリーニの『道』。これも大昔見たものをアマゾンで再鑑賞。じつは羽仁進の『彼女と彼』の「彼女」には、ジェルソミーナ的ななにかがあるのではないか、と思って見直してみたのだが、これは私の勘違いだった。メディアム(中間的存在者)という面を除いては、両者に共通するものはなにもない。ただし、この映画にすでにフェリーニ的なるものが散見するのが私の注意を惹いた。たとえば通りを歩く裸馬とか、羊の群とか。ああいったところに象徴主義の萌芽を認めることができるだろう。

ドライヤーの『吸血鬼』。これもかつて買ったDVDの再鑑賞。これは私の考える象徴主義映画にかなり近い。ほとんど理想的といってもいいほど近いのだが、フィルムの質がわるくて映像美がかなり損なわれているのが残念だ。しかし、この霧のなかでぼやけているような映像が、かえって象徴主義風の効果を高めているのかもしれない。

オットー・リッペルトの『ホムンクルスの復讐』。種村本で知ったものをユーチューブにて視聴。6時間を超える長篇を編集してイタリア語の字幕をつけたものだが、雰囲気だけは味わえる。とはいっても、題名から期待するほどの内容ではなかった。ドイツ表現派は象徴派と近いようでじつはあまり関係がないのではないか、という思いは前からある。たとえば有名な『カリガリ博士』にしても象徴風味は稀薄だ。表現派は表現派として楽しむのが正しい行き方だと思われる。

バスター・キートンの『キートン将軍』。これもユーチューブで視聴。山口本でキートンが大々的に扱われているので見てみた。この年になるまでキートンを知らなかったのはわれながらうかつだった。目を見張るような場面の続出に唖然となる。山口昌男キートンを道化の領域に引っぱり込みたいようだが、キートンと道化というのはほとんどトートロジーなので、あまり意味があるとは思えない。ともかく戦前のアメリカンコメディの凄さを見せつけられた。

セルジュ・ブルギニョンの『シベールの日曜日』。かつてニコニコ動画でみたものをDVDにて再鑑賞。これはいけなかった。途中で見るのがつらくなってきて、見終ったときはもう二度とは見たくないと思った。こういう感情移入型の映画は一度はいいが二度見るものではない。やはり抽象型の映画のほうが私には向いている。

というわけで、長いわりに内容の薄い記事になってしまったが、いちおうこれにてアップする。

*1:この場合の一周というのは一世紀すなわち100年だが

種村季弘と象徴派


ホーフシュテッターの翻訳者である種村季弘は、映画評論の分野でも活躍した。ところでそのホーフシュテッターは、象徴派の未来を映画のなかに見出している。そういう事情があるので、種村季弘にはもしかしたらホーフシュテッターの理論を応用した、象徴派の立場から眺めた映画評があるのではないか、という気がしてきた。そういうものがあるなら読んでみたい。じっさいのところ、映画における象徴主義というのは、簡単なようにみえてなかなか捕捉しがたいものがあるのだ。

とはいっても、種村の仕事は厖大である。そのどこに象徴派関連の論稿が潜んでいるか、まったく窺い知ることはできない。

とりあえず彼の映画評を見てみよう。ここに潮出版社から出た『夢の覗き箱』という本がある。この本のどこかにホーフシュテッターが影を落としていないだろうか。

というわけで、目を皿のようにして探してみたが、著者を積極的に象徴派と結びつけられるような論稿は見当らなかった。もちろん、そんなこととは無関係に彼の映画評はおもしろいが、ひとつだけ、これは彼ならではの着眼点だな、と思われたのが、キングコング図像学を論じてクプカに言及するあたりだ。

「この絵には右手に額に蛇を絡ませたスフィンクスの姿をしている女が横臥して、一枚のデッサンを描いている猿の方を慈愛とも冷笑ともつかぬ謎めいた表情で眺めやっている。猿が描いているデッサンは、何と、アダムとイヴが蛇のひそむ知恵の樹の左右に立っていてイヴが林檎を手渡そうとしている創世記の場面なのだ。原人アダムはこの瞬間からイヴの誘惑につれて禁断の性を知り、同時に死すべき存在と化して自然から分離される。クプカはこの創世神話をシニカルにも猿と女=スフィンクスにもう一度くり返させることによって進化論的に再解釈しているのである」


クプカ「獣性と神話との間で」1900年


種村は、この絵のスフィンクスの女と猿とは、まさに『キングコング』のアンとコングそのものである、と喝破して、通常のようにアンを犠牲者とするのではなく、むしろコングを誘惑する宿命の女(ファンム・ファタル)として位置づけている。

論そのものはこじつけくさいが、キングコングを語るうえでクプカなんていう画家を持ち出してくるところに彼と象徴派との接点を見たような気がした。

石川淳と象徴派


石川淳という作家は、はたして今でも読まれているのだろうか、という思いが頭をよぎる。どうも底が浅くて、すぐに飽きがくるような気がするのだ。本人はいっぱし文学の玄人のつもりで、文体もすばらしいが、かんじんの中身がすかすかなのである。

しかし、そんな彼の作品でも、私が非常に愛していて、何度も繰り返し読むものもある。『文学大概』と『夷斎座談』がそれだ。

彼は『文学大概』所収の「ヴァレリイ」という論稿のなかで『レ・デリケサンス』を引き合いに出している。といっても、ユイスマンスの『さかしま』と並べて書名を出しただけだが。そして次にアンドレ・バアルの大著『サンボリスム』に言及する。

どうも石川淳サンボリスム理解は、このバアルの本に依拠しているようだ。

バアルはともかくとして、彼の「ヴァレリイ」と次の「マラルメ」を読んでみよう。

彼によれば、「象徴派の考え方は、時間を分離したところで、図形を複雑化させるのに役立った」ということだ。そしてさらに、「サンボリスムが一時的の文学運動ではなく、今日の詩が経過しなければならなかったところの煉獄的季節であり、それのもつ意味が詩の形式のみならず本質にふれている」ことにも触れている。

彼のいうところを少し抜き出してみよう。

「すくなくともサンボリスムに直接影響を及ぼしたものの一つとしてウァグネルを除外することはできぬ。それがやがて詩と音楽の融合をくわだてたマラルメの意図につづく」

ヴィリエ・ド・リラダンの文章に早くもウァグネルの精髄を移そうとした跡を探すべきであろう」

「一つの特徴はサンボリスムのディオニゾス的性質であろう」

サンボリスム研究とは当然マラルメ研究を含むものでなければならぬ」

マラルメの詩は形式に於てことばを以てする音楽であり、内容に於て……ヘエゲル哲学の実現である」

「(ヴァレリイの)『テスト氏』の側からかえりみることはマラルメへの理解の契機となるであろう」

要するに、ヴァレリーの『テスト氏』から眺められた象徴主義の風景がある、というのが石川淳の主張なのである。これが正しいかどうか、そのうち検討してみよう。

彼の「マラルメ」は、読み物としてはおもしろいが、マラルメを理解するうえではあまり役に立たない。しかし、彼がこう書いているのは肯綮に中っている。

マラルメを理解するためには、ひとはみずからフランス語に熟達し、詩に通暁し、サンボリスムの史的由来を究明し、自分の頭脳をマラルメの詩世界の中に置いてみるがよい」

さて、私はといえば、マラルメを理解することはもう諦めてしまった。この内に爆弾をかかえた、うわべは静謐な、しかしどこまでもちぐはぐな一世界のなかで日々を暮すなんてまっぴらだ。マラルメ詩集も、その散文も、私の本棚から追放しよう。そしてマラルメ抜きの象徴派をわが安住の地としたい。